スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大崎ナナ

今週末、いよいよ「NANA2」公開。
でも、私の住んでるとこは、映画館ないのよ。
多分、片道約2時間先までない。

私は10代の頃、バンギャルだったの。

プロレスと野球を愛する男勝りな部分と
バンドマンが大好きな少女の部分、
今と同じ、まるで二重人格みたいに。

LUNA SEAとか黒夢とか、すっごい好きだった。
LUNA SEAのLIVEの時は、Jさんのコスプレしたよ。

20代になると、ミッシェルガンエレファントとか大好きで。

そんな私達にとって、大崎ナナは憧れだった。
自分を大崎ナナに置き換えて、妄想してた。

ライダースジャケットにラバーソール、
格好そのものが憧れだった。

音楽からすっかり遠ざかった生活をしている今でも
「NANA」の映画(DVD)を見た時、胸がキューンとなったね。
中島美嘉が大崎ナナに似合ってるし、「蓮」もカッコ良かったし。

LIVEの後、ホテルで蓮とナナが逢った時、
蓮がナナの腕を引いて部屋に連れようとしたら、ナナが泣いた、
でも結局・・・やっぱり好き・・・
こういうシチュエーションはバンギャルにとって憧れだったね。

でも、ただの一ファンのハチが、タクミと親しくなるような部分は
私達にとってはルール違反だった。
好きなメンバーと親しくなりたい、付き合いたい、そう思っていても
他のファンを敵に回すような行為は、
私達には、暗黙のルール違反だった。
隠れてコソコソやってても、必ずファンに知れてたし
他のファンを敵に回すと怖かったけどね。

因みに、私が一番鳥肌が立ったシーンは
ナナのアパートに初めてノブが来た時、
ナナがノブの曲をその場で歌ってみたところ。

さぁ、NANA2は、私はいつ見れるんだろう。
DVD出るまでのお楽しみかなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2006-12-04 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

主張

ブログ内検索

アクセスTHANKS!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。