スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

疑問

TVである人が
「小笠原が巨人へ来ても、巨人は強くならないし
何も変わらないと思う。
だったら、ロッテかファイターズの方が、
彼にとっても幸せだろう」と言った。

確かに、私も思った。
今の讀賣に、ガッツさんが入ったところで
本当に讀賣は強くなるのか?

スンヨプがあれだけHRを打っても
Bクラスに終わった讀賣。
野球はチームプレーである訳だから
チームワークのない、チームプレーのできない
讀賣では、優勝なんか出来ないだろう。

素人の私にさえ、そんな事解るのに。

何故、チームワークが讀賣にはないのか?
ずっと疑問に思っていた。
あれだけ、個々の戦力は凄いのに
何故、「野球」が出来ないのか?

やっぱり今でも、「我」の強い選手ばかりなのか?
ならば、ガッツさんを獲るより先に
意識改革すべきだ。

阪神は、星野監督や金本さんからの意識改革、
ロッテは初芝選手の精神的支え、
そしてファイターズは、新庄さんの下にチームがまとまって
これまで弱小だったチームでも、優勝できたのだと思う。

讀賣は何故、それが出来ない?

スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2006-10-28 : プロ野球 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

主張

ブログ内検索

アクセスTHANKS!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。